38歳 プリンターが故障!今年の年賀状印刷は、ネットプリントジャパンが最有力候補

<2018年年賀状デザイン>

干支のデザイン入りの年賀状にコメントを添えて出す予定です。

身内や親しい友人たちとは普段メールやLINEで連絡を取り合っているので、改めて年賀状をやり取りする必要はないような気がしますが、離れて暮らしている親戚や昔の仕事の同僚や学生時代の友人たちとは年賀状だけの付き合いになっている人たちもたくさんいるので、年に一度のご挨拶のつもりで毎年出し続けています。

年末は何かと気ぜわしいし、年賀状はもうそろそろ卒業したいという気持ちもない訳ではないのですが、やはり新年に年賀状をいただくと嬉しいので今年もまた出すつもりです。

家族写真入りや干支のイラスト入りなどどんな年賀状でも良いですが、表も裏も印刷だけの年賀状は寂しいので、何か必ず一言コメントを入れるようにしています。

年末に相手のことを考えながら年賀状を書く時間も素敵です。

形式だけの年賀状ならばなくても構わないと思いますが、まだこれからもご縁を続けていきたいと思う人たちとはこれからも年賀状のやり取りをしていきたいです。

プリンターが故障!今年の年賀状は印刷会社へ

今まではずっと家で年賀状を印刷していましたが、先日ついにプリンターが壊れてしまいました。

新しいプリンターを買い換えることも検討しましたが、思い返してみるとプリンターはこれまで年賀状くらいしか使う用途がありませんでした。

コピーやプリントアウトは近くのコンビニでもできるので、場所を取るプリンターは今のところとくに必要ないかもしれなのかもしれません。

インク代などのラニングコストも考えると、印刷会社に頼むのも良いかなと思い始めています。

調べてみると、印刷会社にっては早割申し込みなどのサービスもあって、思っていたよりもリーズナブルに年賀状を作成することができそうです。

自分で印刷したものよりもプロに頼んだ方がミスもなくて仕上がりも早くて綺麗なので、利用してみても良いと思います。

それに出来上がったものを自宅に配送してくれるので、たいへん便利です。

なので、今年は試しに印刷会社に依頼してみようと思っています。

自宅で年賀状印刷!失敗は、インク切れ・・・

よくやってしまうのが、印刷の途中でインクが切れてしまって、インクが薄くなった状態のまま印刷をするという失敗です。

なので印刷をする前にはインクの残量をきちんとチェックすることが必要です。

できれば、印刷中は目を離さずに見ているか、一気に100枚印刷するのではなくて20枚ずつなど小分けにして印刷をした方がミスが少なくてすみます。

あとは、宛名も印刷をする場合は、住所の変更がないかどうか確認をすることも大切です。

あと、基本的なことですが、宛名の漢字はくれぐれも間違っていないかどうか入力する際に気をつけるようにしましょう。

一度、名前の漢字を間違って登録してしまうと、気づかずに誤った宛名のまま送られ続けることになります。

新年早々、自分の名前を間違えられることはあまり気分の良いものではありません。

別に宛名を直筆で書く必要はありませんが、印刷をする場合は入念なチェックが必要だということを心に留めておく必要があります。

ネットプリントジャパンが今は最有力候補

まだ検討中ですが、いくつかの印刷会社を見比べたとこころ、『ネットプリントジャパン』が我が家には良さそうだと思いました。

デザインも豊富で、どのデザインでも同じ料金なので良心的です。

基本料金が初回1,980円(2回目以降は500円)で、プリント料金が1枚12円なのでとてもリーズナブルだと思います。

家族全員で合わせて100枚ほど注文しようと思っているのですが、4,000円ほどで済ませることができるので、プリンターのインク代や手間代を考えると安いと思います。

こちらの印刷会社をはじめ、ほとんどの印刷会社ははがきも用意してくれ、完成したら送料無料で自宅に届けてくれてとても便利です。

他にも枚数ごとに割引サービスを行なっている印刷会社もあるので、最終的にはもう少し検討したいと思います。

ただ、どこの印刷会社も早割サービスは行っているようなので、早めに申し込むと50%〜60%ほど安くなるのでぜひ利用したいです。

37歳 年賀状を自宅で印刷するタイプですが、細かいコストカットはムダ

<2018年年賀状デザイン>

毎年、自宅のパソコンにインストールされている「筆まめ」ソフトで年賀状を作成しています。

来年2018年は戌年なので、犬のイラストや絵柄を選択して、新年の挨拶をさらに選択して印刷をしたあとで出す相手に対する一言を添えて出す予定でいます。

年賀状そのものは、日本らしい文化として残しておきたいものだと思っています。

パソコンやスマートフォンで気軽にメールなどで「あけおめ」などと送れるようにはなりましたが私が年賀状を出す相手は、それらの連絡先には該当しない、いわゆる恩師だったり遠く離れた同期にだったりします。

そういう普段からほとんどやり取りをしない方との文通を楽しむような感覚だったり、お正月ならではの光景だったり、そういう文化・風潮・季節の楽しみ方を実感できる良いものは後世にも残しておいて欲しいと思います。

連絡手段や伝える手段や、周りの方との関係性もここ10~20年で大きく変わりましたが、変わらないものも多くあります。

例えば結婚式の招待状などはいまだに招待状を出す(手渡す)方が多いのではないでしょうか。

私が子どもの頃は、年賀状が誰から来たか、誰に出すかで年末年始ワクワクしていたものです。

ただ「便利だから」「めんどくさい」から、ではなく伝統的な日本文化としての恒例行事を楽しみたいと思います。

家で印刷する方が便利なので、依頼しない

個人的には、家で印刷をするほうが便利です。

理由としては、枚数がそこまで多くならないことが一番大きなものです。

父親は地元の集まり、前職からのつながりなどで毎年200枚程度は出しているので業者に毎年依頼しているようですが私や他の家族はさほど多くないので、年末に「一緒に印刷しといて、絵柄は同じでいいから」と言われます。

パソコンやプリンタ、ソフトの性能も良くなっているので絵柄もきれいに出来ますし、時間もあまりかかりません
(10年以上前はそれこそ1日作業でしたが)個人宛であれば自宅で印刷したほうが総合的に見てコストパフォーマンスも良いと思っています。

名刺は印刷会社にお願いしていますが、どうしても細かいところまでこだわりたいときに出来ないもどかしさはあります。

その点を、自宅で印刷~作成すると出来ることもあるので私自身は、今後よほど枚数が多くならない限りは、今後も自宅で年賀状の印刷をする形を続けると思います。

上下逆で印刷して失敗が一番多い

失敗談としてよくあるかと思いますが、印刷するときに上下を反対にしてセットしたために絵柄の向きが反対になっていたり、宛名面に印刷されてしまったりなどはほぼ毎年あります。

1年に1度しかやらないので忘れてしまうためです。

なので、私が行っているのはいきなり年賀状本番に印刷するのではなく、年賀状のサイズにA4紙を切って、どちらが表面裏面、どちらが上か下かをマークしておいてためし印刷をすることを最初に行っています。

そうすれば、先ほどのようなミスはなくなりますし、ためし印刷なので出来栄えもチェックできます。

年賀状そのものもお金がかかりますし、たいていの場合はぎりぎりの枚数を買ってくるため何枚か失敗するとまた買いに行かなければいけないことにもなるので、それだけは避けたいところです。

ためし印刷する場面まで来ていれば、あとはプリンタに指示を出して待っているだけなのでA4の紙にためし印刷をする手間は省かずに行いたいものだと思っています。

細かすぎるコストカットはムダだと思う

私自身は年賀状印刷を業者にはお願いはしていませんが父は毎年同じ業者にお願いをしています。

理由は田舎ならではの「つきあい」もあるでしょうがいつまでに、何枚、どのような絵柄で、などの融通が利くことが大きなメリットだと思います。

数千円の違いならともかく、数百円程度の違いであれば先方に「年賀状をこの人は毎年1月1日に届けてくれる人だ」というようにインプットできるのであとからビジネスとして取り返すことも十分可能でしょう。

そこに細かすぎるコストカットはいらないと思います。

枚数が多い人なら、宛名面を多く書くのも大変でしょうし、そもそも年末にそのような時間が取れるかも分かりません。

その部分はお金を出して外注して良いところだと思います。

特定の業者を挙げなかったのはそのような一面もあるためです。

ここが「おすすめ」というものは人それぞれ事情があるため変わると思います。

オンラインでも今はそのようなサービスがありますが、実際に自分で使ってみて判断してみると良いと思います。

39歳 年賀状印刷は、郵便局のアプリが使いやすかった!本音口コミ

<2018年年賀状デザイン>

結婚の予定があるので、引越と結婚の報告を写真を用いてだす予定です。

数年前からメールやラインでの年始挨拶が急激に増え、年賀状を用いての年始の挨拶が減っているように感じています。

職場での年賀状でのやりとりも省かれるようになりました。

ただ私個人としては、たとえ一年に一度の挨拶で会うことがないような年賀状だけの関係であっても、続けていくことに意味を感じています。

ただ、そうは言っても、「今年こそは会おうね!」と毎年書いているものは遠方であった場合はなかなか難しいことはあるのですが、そう遠くもない場合は多少虚しく、寂しく、意味があるのかな?と感じることもあります。

アプリや年賀状作成の印刷会社もかなり増えたことで、かなり簡易的になり便利になったことも手伝ってか、写真や印刷だけでの年賀状も一気に増えたように感じています。

直筆のメッセージが一切ないという年賀状もとても増えたことは、とても悲しく残念に感じています。

たった一言でも直筆で手を加えることに、とても意味があると感じています。

なので私は必ず直筆メッセージを書くようにし、デザインもメッセージが記入できるデザインのものを選ぶようにしています。

アプリは携帯の写真を手軽に使うことができたり、オリジナルのメッセージを入れられたり、スタンプやイラストでオリジナリティーをだすこともできるので、愛用しています。

私が年賀状印刷は、印刷会社に依頼する理由

印刷自体は印刷会社に依頼しています。

宛名の印刷も印刷会社で行えるのですが、データがパソコンに入っていたり、そこは面倒に感じてしまい、宛名印刷は自宅で行うようにしています。

データさえうまく移行できれば、宛名印刷もお願いしたほうが楽だとは考えていますが、とりあえず今年も宛名印刷は自宅で行うことを考えています。

ただ印刷する枚数が多いと、インクをかなり使いインク代も高く、どちらが高くつくのかはわかりません。

また自宅のプリンターだと一枚一枚印刷されるスピードも、かなりゆっくりなので時間もとてもかかってしまうという欠点はあるように感じます。

宛名の印刷程度であれば問題ないのですが、表の印刷に関しては、自宅のプリンターだと画質が悪くなってしまったりするので、写真やイラストがはいるのであれば、高画質で印刷できる印刷会社に依頼したほうが、絶対的に美しく納得いくものになると思います。

トータルで考えて印刷会社に依頼することが圧倒的に便利だと思います。

プリンターが良くないと印刷レベルが低い・・・

年賀状を自宅で印刷していた時は、自宅のプリンターはそこまでいいものではないこともあり、表面は写真やイラストなどの画質があまりきれいに印刷できませんでした。

また宛名面もプリンターで行うと一気にセットできないこともあり、その場からあまり離れられなかったり、紙詰まりを起こしてしまったり、何枚か重なってしまい微妙にズレてしまったりすることもあります。

また印刷して一枚ずつ乾かしていかないと、次々とでてきてしまうことで、印刷がうつってしまったりしてしまい、書き損じになり無駄にしてしまうということがあります。

さらには一枚一枚乾かすとなると、枚数が多いとスペースも取られてしまうので、狭い空間だと足の踏み場がなくなったり、誤って踏んでしまったりしてしまうこともありました。

自宅で印刷を行うのであれば、機能性の高いプリンターを選び、高画質のものを選ぶようにしたほうがいいと思いますが、やはり自宅で印刷するのには限界があると思います。

年賀状印刷は、郵便局アプリを使った理由

今年は郵便局のアプリを使いました。

ラインで写真を送るだけで、その写真を使ってデザインしてもらえたりするのでゲーム感覚で楽しむことができました。

他社でも色々お願いしてきましたが、注文が重なってしまったりなどのトラブルもありました。

年賀状印刷の値段はほぼ変わらないとは思いますが10月中だったりすると「早割」などがあり、少しは割引があったりします。

またエコはがきを選べたりする会社だと年賀はがき自体の値段を少し安くすることも可能です。

また写真を入れる場合もはがきの種類によって値段も変わります。

光沢のある分厚いタイプだと高くつくので、普通紙に印刷するタイプを選んだりすることで安くすることもできます。

色の数などによっても値段が変わってくるので、色々と安くなるものを組み合わせながら安くすることができると思います。

便利さはアプリでもかなり多くの会社がでてきているので、自分にあったものをうまく選んで年賀状を作るといいと思います。

32歳 年賀状印刷が安くても私が自宅で印刷したい理由とは

<2018年年賀状デザイン>

戌年なので、犬のイラストをPCで書いて自宅で印刷して送る予定です。


毎年、年賀状を書く時期になると、文面を考えたり、住所を書くことがかなりおっくうで、出さないでおこうときめた時期もありました。

周りの友人も、SNSやメールで済ます人が多かったため、とくに問題はありませんでした。

しかし、友人の結婚や出産を機に、毎年家族の写真をプリントした年賀状を送ってくれることが増えたため、いつも届いてから返すのに気がひけるようになり、ちゃんと12月中には送るようにすることにしています。

年賀状は、出さなければいけない!という思いでいると、面倒だったり、おっくうになってしまいますが、子育てが忙しくあまり会えない人や、連絡をたまにしかとれない人に、久しぶりに連絡を取るつもりで送るようにすると、新年を一緒に共有できているようで嬉しい気持ちになれます。

手書きでメッセージを書いてくれることも、ネットの文字ばかりの今ではとても新鮮に感じ、温かみがあるように思います。

年賀状を出さずにSNSで済ませてしまうことも悪くはないし、今の時代、面白い連絡手段もあるので、選択肢が増えるのはとてもいいことだと思います。

年賀状は、印刷会社に依頼したことない

年賀状は、印刷会社に依頼したことはなく、常に自分で作ってプリントしていました。

お店で頼むと高くつくし、そんなに枚数もないので、それで充分です。

デザインも自分で考えて好きにつくることができるので依頼しようと思ったことはありません。

ただ、あまり時間がないときはとても時間がかかるので、印刷会社にお願いしてしまうほうが便利だなぁ…と思うことがふえました。

友人からの年賀状も、ツヤツヤのいい紙で、カメラ屋さんにお願いした人のものはすぐにわかります。

子供がいる家庭だと、準備も時間がかかるし、子供の写真もとても綺麗に印刷されるので、印刷会社に頼んだ方が便利だし仕上がりが綺麗になると思います。

私はいつも、自分で手書きしたり、PCでイラストを描いてプリントすることが多かったのですが、今はフリーの年賀状用のイラストをネットでダウンロードしたり、郵便局の無料のアプリを使って好きなイラストでデザインすることもできるので、家で印刷するのもかなり便利になってきたと思います。

年賀状印刷を自宅でする時失敗1は、向きが逆

年賀状を自宅で印刷するときに、よくやってしまう失敗は、年賀状の向きを逆にしたまま印刷してしまうことです。

印刷がおわって、さあ!宛名を書くぞ…と思ってひっくり返すと、しまった、逆だった!となることがしょっちゅうです。

向きのあるものを印刷することは一年間で、ほぼ年賀状の時くらいなので、必ずどちらの向きにすればいいか忘れてしまいます。

また、インクがつまって擦れてしまったりもするので、テストプリントを必ずして、色や向きを確かめてからまずは一枚だけ印刷し、大丈夫であればそのまま一気に印刷しています。

また、写真を使って家族に頼まれた年賀状を作るとき、ガラケーで撮ったものを渡されたのですが、解像度もひくく、画像も小さいので、年賀状のサイズに大きくすると、とても荒くてぼやけた画像になってしまいました。

写りも暗かったりと、あまりよくないので、年賀状に使うようの写真はデジカメで、大きめのサイズで明るく撮影することをお勧めします。

年賀状印刷が安くても自分で印刷したい私の理由

年賀状印刷を、お店で頼んだことがないため、どこがいいのか、どこが安いのか…という情報をあまりしりません。

もし、印刷会社にお願いするなら、どこがいいかをまとめたサイトなどをみて、一番コストパフォーマンスのいいところを選びたいと思っています。

かなり安くても、自宅で印刷するのとあまり変わらないのであれば自分で印刷したいと思います。

もし、綺麗な写真で、手軽に年賀状をつくりたい!と思うなら、カメラ屋さんで頼むのが一番よさそうだとは思っています。

先日、カメラ屋さんに写真のプリントにいったのですが、何日までに申し込むと50%やすくなる!というポスターがでていたので、もし印刷を印刷会社にたのむのであればそういったキャンペーン期間中にプリントを注文してしまうのもいいなと思いました。

便利さでいうと、郵便局で印刷を頼んでしまうのが一番確実だし便利だと思います。

アプリで作ったデザインを年賀状にプリントしてくれるサービスもあったと思います。

34歳 毎年家か印刷会社で悩む。ネット印刷なら写真屋さん。家は、インク確認は必須

-34歳-

<2018年年賀状デザイン>

まだ決めてないですが毎年子供の写真を中心の年賀状にしているので今年もそうしようかなと思っています。

自宅で印刷するか業者などにお願いするかはまだ決めかねています。

いつも結局ギリギリまで迷ってしまうので今年は早めに決めたいなと思っています。

年配の方には写真なしでシンプルなものでもいいかもしれないなと思っています。

ハガキで年賀状を送る派ですが、ライン年賀状も良いと思います

最近はスマホなどで簡単に年賀状が作成できてしまってラインで送るだけの人も増えてきました。

私はできるだけハガキで年賀状を送るようにしていますが毎年ギリギリになっても出来上がっていないことが多くいつも心が折れそうなのでラインなどのデジタルな年賀状もありなのかなと思います。

ただやっぱり年配の方や上司などに出すものだけでも到来通りのハガキがいいのではないかと思います。

やっぱりラインなどのデジタルのものだとあまり誠意が伝わらないかな?と思ってしまいます。

きっとラインで送ったとしても返信の仕方などがわからずハガキで返事が来たり最初からハガキで送られてくるような気がするのでなら初めからハガキできそうな人にだけでもハガキで送るべきだと思います。

友人などは気軽に伝えられるラインで送りたいと思います。

その理由の一つとして自分も年賀状が送られてくるととてもうれしいと思うのですがいつも収納に困ります。

収納というよりも何年ぐらい保管していればいいのか?など・・・。

なのでそのような意味でもライン年賀状などもありだなと思います。

ハガキを使わなければその分お金も浮きますし・・・。

毎年、家か印刷会社に依頼するか、ギリギリまで迷う

毎年毎年、家で印刷するか印刷会社に依頼するか迷います。

結構ギリギリまで悩んでいるのでいつも出来上がりの時期も遅くなってしまい出来れば必ず皆さんに一言添えて年賀状を出したいと思っているのですがそれがかなわない時も多々あります。

印刷会社に頼むメリットとしては印刷会社に早めに頼んでおけば自分で印刷するときの時間を一言を添える時間にあてられるので余裕をもって一言添えることができるのと前もって頼むことによって早割などの特典を受けられることだと思います。

デメリットはもし頼んでいた枚数で足りなかった場合もう一度頼みなおしになるので時間がかかることだと思います。

家で印刷するメリットは自分の好きな時間に好きな分だけ印刷ができることと自分の好きなデザインが楽しめること、人によってデザインなども好きなように変えられる点だと思います。

デメリットはどうしてはデザインから印刷まで自分で全部やらなければいけないので時間がかかることだと思います。

それぞれにメリット、デメリットがあるのでなかなかどちらがいいのかは決めかねるなと思いました。

毎年とりあえず家で印刷するための準備をしてから間に合わなくて印刷会社に依頼という流れも多いです。

年賀状自宅で印刷するならインク確認は必須

自宅で印刷する際は前もってインクなどがちゃんと出るか確認したり残量などがちゃんとあるかなどの確認は必須だと思います。

自宅で印刷するときは書き損じが出る確率も高いのでハガキの枚数を出す枚数ちょっきりではなく少し多めに用意しておくといいと思います。

私も実際印刷途中にインクがなくなってしまって作業が中断したりハガキが書き損じの量が多くなってしまってハガキが足りなくなったりという経験を何度かしています。

お昼間などすぐに買いにいければいいのですが私の場合だいたい夜に作業をすることが多いので足りなくなると必ず作業が進まなくなってしまうので一番気を付けています。

デザイン面だけでなく宛名面の印刷もするので黒のインクは本当にたくさん消費すると思います。

黒インクは年賀状印刷以外にも普段から使うと思うので使う分+2つくらいあってもいいと思います。

(印刷する枚数によりますが・・・)

あとはデザインによってもたくさん使う色があると思うので背景などで使う色も他の色+1つあってもいいと思います。

年賀状印刷を依頼した中で、一番は写真屋さん

何度か色々なところにお願いをしたことがありますが写真屋さんで印刷をお願いすることが多いと思います。

昨年は写真屋さんに行く時間もなく年賀状を作成をする時間もなく困っていた時にスマホからの印刷をお願いすることもできるのを知りスマホから印刷依頼をしました。

ちゃんと出来上がってくるのか心配していましたが品質なども全く問題なくきれいな仕上がりでした。

スマホからの注文だと隙間時間などにデザインを見直しができたり修正ができたりするのでとても便利だと感じました。

時間がない人にはもってこいだと思います。

印刷会社もネットでの注文でも早割や枚数割など色々な割引があるので決めるのであれば早めに決めるとその分割引率も高くなると思います。

そして私がずっと気になっていた枚数が足りなくなった時の対応として早めに頼んでおけば追加分を頼んだとしても余裕で間に合うと思います。

少しずつ頼んで人によってデザインを変えるのも簡単にできるのではないかとも思っています。